久しぶりのナビBOX ver.2

しばらく放置していたナビBOX ver.2を仮付けしてみました。
最終的にステムシャフトに雲台を固定すると形となりましたが、結構シンプルな取り付けになりました。


雲台を取り付けるにあたってスライドパイプの固定方法が問題になっていましたが、ステムシャフトの下側からドライバで閉め込むことにしました。
長さは全部で20cmほど。
ステムシャフトからはみ出さず、かといってフロントスタンドの取り付け穴に干渉しない程度の長さでちょうど良さそうです。
しかし肝心の締め込むべきドライバが入っていきません・・・。

取り付け場所

取り付け場所

さらに拡大

さらに拡大

フェンダーカウルのせいで普通の長さのドライバが垂直に入っていき余裕がありません。
ひとまわりサイズの小さいドライバをなんとか斜めに差し込んで無理矢理閉めこみました。

次に雲台をボルト一つ余計につけた状態でパイプを固定。
次に雲台を取り外し、その余計なボルトも取り外します。
これでパイプの受けに余裕ができ雲台も隙間無く取り付けられます。

雲台の受け

雲台の受け

さて、つけたカンジですが、なかなか良好です。

取り付け状態

取り付け状態

角度固定用のレバーがやや狭くて扱いづらいですが、一度角度を決めたらそうそういじるものでもないので、まぁ大丈夫でしょう。

せいぜい整備時にタンクをリフトアップするときにどけてやるくらいでしょうか。
あとは、Bluetoothの仕込みと電源の配線がきちんとすればBOXも完成ですね。

Category(s): DIY, GSX1300R HAYABUSA (K8), バイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です