エンジンのチェック

本日からはしばらく走行します。
塗装に入る前に懸念だった燃費をはかるべくマメに走ることにしました。
そこで気になることがいくつか。
エンジンの始動性があまりよくない。
エンジンを停止して数分後でもセル一発でかからない。
今は真夏ですが、本日の気温は30度も超えていません。
暑さのせでもなさそうです。
走行中もアクセルのふけというかレスポンスがよくなく、とくにゼロ発進時にゆっくり目にアクセルをあけるとガスがついてこないでガボガボいってしまいます。
これは以前のエアをすってガボガボいっている現象に似ていますが、今はガソリン満タンだし、いくらエンジンが暖まってもかわりません。
どのみちキャブ調整は出すつもりでいましたが、なんとなく不穏な雰囲気です・・・。
そういえばアイドリングも500強しかでてなかったような・・・。
夜間に走っていると症状はだんだん悪化。
果てはアイドリングをキープできなくなりました。
こりゃ本格的にたいへんだ。
ところで、先日購入したブーツですがそこそこいいカンジです。
やはりライディングブーツじゃないので足首が前傾じゃないが・・・。
バックステップがあると楽でいいかもしれない。
靴底は厚めなので接地感がいいです。
反面足の甲が厚めなのでシフトパッドをいれてもなかなかシフトとステップの間に足の甲が入りづらい。
材質や作りはいいのでとりあえず2万円分の価値は見いだせた、というところでしょうか。
Category(s): RF1200(GSF1200S), バイク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です